2015年08月23日

PART Ⅱ 観光的景観

今回は 観光的景観を 旅程順に はめ込んでみました

『行って見たい! 見てみたい! 体験したい!』と思って頂けたら 小生の勝利です。

秋芳洞の入口を 内部から見た画像


名付けて『鍾乳洞千枚田』・・・自然と時間が制作者!


秋吉台遠景・・・カルスト台地と・・・教科書に載っていた?


角島大橋(つのしま)全景・・・いろんなテレビCMに登場したとか?


コバルトブルーの誘惑!・・・水着になって・・・手をつないで・・・なんてロマンチック?


渡し?の方が・・・主役よ!


堂々とした角島灯台眺めが良く 映画のロケに使われそう!


うわぁ~…泳ぎた~~い!


夕陽が似合う『 東後畑の棚田』だそうです・・・スケジュールの関係で夕方まで待てなかった(山口県長門市)


『ホルンフェルス』・・・地中の熱や圧力によって変化した岩の一種(萩市須佐の海岸)


小京都と言われる津和野の町並み・・・遠くの高台に城跡が・・・


津和野の専売特許景観・・・ナマコ壁・お堀・錦鯉・眺める人


高台に津和野城跡が鎮座・・・冬場に雲海による天空の城跡になるそうです!


竹田城跡に引けを取らぬ石組みに感動!!


『出雲大社』・・・縁結びの大家さん


ぶっとい〆縄がシンボル


威風堂々の日御碕灯台・・・7階分の螺旋階段を汗だくで登(灯)頂しました!


灯台の最上階からの眺め・・・高所恐怖症の方はご遠慮下さい!!


『ベタ踏み坂』・・・まるでジェットコースタの気分?・・・・・
≪境港の江島大橋・・・PCラーメン構造では日本一の長さ≫


・・・しかし 遠く離れて横から見ると!・・・・ご覧の通りです


国宝 松江城・・・現存12天守の中で 平面規模で2番目 高さで3番目 古さでは5番目


開館45年 安来市の足立美術館・・・・横山大観や上村松園の巨匠作品を収蔵


12年連続庭園日本一・・・一見の価値有り!  名園の時間と名画の時間が ゆっくりと流れる~・・・


鳥取県と言えば?・・・やはり鳥取砂丘!・・・心も砂丘の様に広くありたいですネ!?


砂丘には ラクダが良く似合う!・・・歩くより『楽だ』なんて洒落は もう古いヨ~~!!!!


『砂の美術館』・・・砂丘の一角に砂像彫刻を展示する 世界初の全天候型の美術館です(一般600円)


第8期 砂で世界旅行・ドイツ編・・・ドイツを代表する名城やグリム童話 歴史・文化にちなんだ23作品⇒見ごたえ充分!


『余部鉄橋』(あまるべ)・・・平成22年に鉄橋からコンクリート橋に架け替え⇒左側に鉄橋の一部を残している(兵庫県香美町)


地上約40mの所に『空の駅』展望施設あり・・・日本海を背景とした見所となっている(入場無料、道の駅から遊歩道あり)


古い鉄橋と新しいコンクリート橋 そして・・・1畳半の移動式民宿こと《ちょいCam》 の三つ揃い?の景観!


ご高覧有難うございました。・・・・『行って見たい! 見てみたい! 体験したい!』と思われた所は ございますか?ページ最終の(Comments)欄に投稿頂けたら 幸いです。 次回は 『歴史・世界遺産』をテーマに投稿したいと思います。  


Posted by やまちゃん at 20:23Comments(13)アート趣味日記

2015年08月16日

山陰ルート感動!撮影ツアー

PART Ⅰ プロローグ(ツアーのアウトライン)

8月7日から13日の6泊7日で山口県の秋芳洞をスタートし 日本海沿岸部を兵庫県の余部までを ちょいCamの車中泊で撮影してきました。

総走行距離は2080kmで写真撮影枚数1503枚(カメラ3台分)でした。

今回は プロローグとして 主な所の画像で そのルートを追って見ました

秋芳洞入り口;大鍾乳洞、国指定特別天然記念物


秋吉台;カルスト台地、国定公園


角島大橋;無料の橋で日本第2位・・・1780m


世界遺産登録の萩市


萩の反射炉


萩の城下町


城下町の白壁風景


小京都と言われる津和野


津和野と言えばお堀と鯉


津和野の名物大鳥居と かすかに見える津和野城跡


津和野城跡から町内を眺める


今も現役で活躍の『山口号』;C571


世界遺産の石見銀山


石見銀山跡の坑道


坑道出口


須佐のホルンヘルス;断層


縁結びの神;出雲大社


日御碕灯台


灯台のふもとは断崖絶壁


境港駅前のオブジェ


ゲゲゲの鬼太郎の銅像


水木しげるロード妖怪配置図


有名になった『ベタ踏み坂』;江島大橋


重要文化財の松江城天守


威風堂々とした松江城


有名な足立美術館の白砂庭園


風光明媚な日本海の海


神話で有名な因幡の白兎の地


日本最大級の鳥取砂丘


広大なスケールの『砂の美術館』


100年目の平成22年に改築された余部鉄橋


次回からは PART Ⅱ 観光・景観、PART Ⅲ 歴史・世界遺産、PART Ⅳ 作品的画像、PART Ⅴ スナップ・魚眼レンズが捕えたものと テーマ別に編集し投稿したいと思います。・・・・・乞う ご期待を!!  


Posted by やまちゃん at 21:51Comments(12)アート趣味日記

2015年08月06日

光と造形の美的な世界へ

《光と造形の美的感覚にせまって見ました!》

台風一過の阿摺ダムのと白
昭和9年11月運転開始・最大出力4800kw、豊田市月原町


かごの木(S.59年7月1日、市指定文化財)豊田市笹戸地区
樹高12.6m、根回り12.3m、根元から中心部が腐朽して空洞化し3本に見えるが 地上5mで合体している。



七色の木(S.59年7月1日、市指定文化財)豊田市笹戸地区
樹高17.7m、根回り15.7m、元は山桜・イロハカエデ・アラカシ・ツタ・フユヅタ・ムラサキシキブ・テイカカズラの7種で構成されていた。


安城の田んぼアート(デンパーク南)
明治用水の先覚者『都築弥厚』生誕250年をあしらった






名古屋南陽田んぼアート(港区西茶屋3)
左より豊臣秀吉、織田信長、徳川家康をあしらった






たんころりんの夕涼み(足助の古い町並み、~8/15、日没~21時)
来年の15周年の新たな試みとして星形等にくり抜いた竹を700個制作した








デジタル掛け軸(フォレスタヒルズ、~8/16、日没~21時)
施設内の森をキャンパスに見立てて、幻想的な画像をCPUを駆使して投影⇒デジタル掛け軸(幅300mの森に20台の大型映写機投入)






この夏季連休に 時間の取れる方は 夕涼みを兼ねて出かけて見ては 如何でしょうか・・・? ビール 夜  


Posted by やまちゃん at 20:18Comments(16)アート日記