2020年10月26日

コロナ渦の無い!高ボッチの景観にウットリ?(後編)

   小用事があり編集の時間が取れず、愛読者の皆様には長らくお待たせしました!・・・ようやく『景観にウットリ?』の後編をアップすることが出来ます事を、大変嬉しく思います。今回は、諏訪湖の北側に位置する『高ボッチ』と西方向にある辰野町の『しだれ栗』を編集してみました。

自然保護センターのある大駐車場から山頂に向かう途中にある木製の案内マップ


高ボッチ山頂に向かい後ろを振り向くと松本市の上空に『槍ヶ岳』が浮いていました・・・


標高1664mの山頂に到着・・・奥の中央に諏訪湖が見える


1級基準点の『信濃の国の重心』を発見!


『信濃の国の重心』は長野県歌制定50周年を記念して設置されたようです


その帰り、松本方面を見ると『槍ヶ岳』は雲とススキに覆われ、一段と秋を濃くしていました・・・


上の木製の案内マップにある、『ひょうたん池』を調査?・・・ひょうたんの下部には水があるが・・・


・・・上部には水が無く枯れていました・・・イノシシかクマでも飲んでしまったのか?


帰り道の散策で・・・幻想的な景観にウットリ!


モヤのかかった笹やぶの中で、名も知らぬ花が心を癒してくれました・・・


初秋を演出すべく、枯れた木の上に紅葉をあしらって見ました・・・


夕暮れに草競馬場の近くの高台に登った所、西の空が山火事?を連想させるように真っ赤に染まり感激・感動!


上記高台より初秋を感じさせるススキ越しに諏訪湖を遠望!


雲が無いと、中央部に富士山が見えるのですが・・・過去に一回だけ見えましたが・・・残念!


日も暮れ、夜景観賞客が増えてきました・・・


この景観に花火と富士山をトッピングするのが、生涯の目標ですが・・・ねえ~


辰野町『しだれ栗自生地』ガイド看板


こういう風に曲がりくねったしだれ栗の木が、豊田スタジアム位の面積に自生している


年輪を重ねた古木なのか、枯れて葉が落ちた栗の木・・・定年延長は無かったようですネ!


上の木を題材に、逆光を利用し創作した作品・・・タイトル;『昇竜の丘』



♤♤♤ 如何でしたか?最後までご高覧頂き有難うございました ♡♡♡  


Posted by やまちゃん at 10:39Comments(14)アート趣味