2021年01月26日

紅葉した欅の冬への移ろい・・・経日変化アート

早朝ウォーキングを終えた後、自宅近くの公園でストレッチ体操を実施するのが日課となっています。・・・目の前に名も知らぬ常緑樹と落葉樹の欅(ケヤキ)が植わっております。この欅の葉の色変化をスマホに記録してきましたので、抜粋して映画のフィルムの様にアートらしく編集してみました。

 『 ⑤ ・ ➃ ・ ③ ・ ➁ ・ ➀ ハイ! スタート!』

10月25日・・・緑と紅が混っている

10月27日・・・やや紅が多めになってきた

10月31日・・・緑がやや残っている

11月03日・・・殆んど紅になってきた

11月14日・・・やや色がくすんできた

11月17日・・・大分くすんできた

11月27日・・・3分の2位落葉した

12月04日・・・茶色の葉が5分の1位残っている

12月19日・・・数えれるほどの葉が残っている

2021年1月15日・・・年が明けてようやくスッポンポンになりました

以上で紅葉した欅の冬への移ろい・・・経日変化アート』の終了です   チャン チャン

ところが・・・・1月29日に公園の安全性と樹木の活性化のため、バッサリと切り落とされましたので、その様子を30日付で追加投稿しました。
右側の常緑樹は、長髪からスポーツ刈りに変身しました⁉


  


Posted by やまちゃん at 19:48Comments(12)アート趣味

2021年01月11日

三河湾に浮かぶアートの島『佐久島での一日』・・・

 2021年が幕を開け、はや1月も3分の1が経ちました。世間はコロナ感染拡大で大変な状況が続いております。・・・12月初めに密に充分注意しながらゲットした画像の一部を編集してみました。一段とホームステイが強いられる中、皆様の少しでも癒しになればと想います。

   愛知県の知多半島と渥美半島に抱かれた、三河湾のほぼ真ん中にあります。一色港から佐久島西港まで9.4km。定期船で約20分の船旅です。

佐久島の航空写真(上方が北で一色港方面です)



  人口252人(65歳以上142人)の離島です(2015年4月1日現在)。面積は173ヘクタール(東京ディズニーランドの約3.5倍)で、海岸線の長さは11.6キロメートル。島の80%以上が里山で、豊かな自然と昔ながらの懐かしい集落の風景が見られます。信号機もコンビニもなく、ゆったりとした時間が流れています。島内観光は、レンタルサイクルか徒歩で充分です。(一日あれば殆んど見れる)




一日の始まりの朝日が顔を出しました!・・・山影は渥美半島です


黒壁集落を散歩・・・潮風から建物を守るためコールタールが塗られている(島民やボランティアが保存に取組んでいる)


黒壁屋敷の一角に、ツタや名も知らぬ花が健気(けなげ)に咲いていました


海岸沿いを歩いていると、歴史を感じる大木の根っこや断層がむき出しになっていました・・・かつて、島内で縄文土器が発見されたとか

西港の集落にある、弁天サロン(右側の建物)ののどかな景観にカンパーイ!



アートの島、佐久島は平成13年から高齢化や過疎化の問題を抱え、アートによる島おこしに取り組んでいます。1年を通じてアートピクニック(島内一円に展示されたアート作品を巡るスタンプラリー)が楽しめる上、さまざまなアートイベントも随時開催されています。

津島神社にあった黒真珠?のアートか???・・・己の心も映るといいね!


アート1;東港に左右対称に2基ある『イーストハウス』


アート2;西集落の海岸沿いにある『おひるねハウス』・・・ロケット雲がアートを引き立てていました


どなたか早速おひるねか?・・・はしごで冗談、いや上段にも上がれますヨ!


『おひるねハウス』の一桝から船を狙ってみました・・・これぞ!絵画的アート?


アート3;『カモメの駐車場』・・・風により全て同じ方向を向いている(風向計)


アート4;これもアートか?戸ケ瀬岩と『恵比寿社』・・・小鳥が沢山いるように見える造り物(本物も混在)


スナップ1;題して『防波堤を行く若者たち』


スナップ2;600mmの望遠レンズで捉えた渥美半島の風力発電所


スナップ3;やがて西の地平線に夕陽が落ちる・・・これぞ!絶景かな?


そして一日の終結に綺麗な星空を仰ぐ・・・GOOD NIGHT! ZZZZZzzzzzz(直線はセントレアに向かう飛行機の軌跡)


 ※説明文の一部は、西尾市役所佐久島振興課から承諾を受け、Webから引用しました
  


Posted by やまちゃん at 11:11Comments(12)アート趣味

2021年01月01日