2017年08月08日

豊田の夏を彩る! ! 『おいでんファイナルと花火大会』

当日所用で行けなかったり 見れなかった方のために その雰囲気を再現しました!・・・最後までご高覧下さい。 
ひとりで・静かに・じっくりと 各々雰囲気を味わって頂くために 説明は一切しておりません・・・感想やコメントは 是非 最終行の(Comments)
をクリックし ご投稿ください!!

PART Ⅰ  おいでんファイナル
























PART Ⅱ  おいでん花火大会

































PART Ⅲ  動画【花火大会】
【放映時間 35秒】




【放映時間 1分59秒】



最後までの ご高覧有難うございました・・・    Thank you so much !
  


Posted by やまちゃん at 10:17Comments(16)アート趣味日記

2017年07月31日

豊田の里山『稲武地区の紹介』&ちょいCamの新カタログ

面の木方面の夜のショー
とある山中のせせらぎに ホタルが舞う!・・・まだ早いのか数匹だけ


少しづつ ホタルの仲間も増えて来ました!


21時過ぎる頃から 数も増え元気が出て来ました!


こちらは 面の木入り口で ハンターした星リングです(飛行機軌跡はカット)



『どんぐりの里いなぶ』道の駅周辺の情景

R153より稲武地区の東空を望む


R153の南斜面ではラベンダーまつりがスタート!


朝日で花がキラキラと輝いていました・・・小生の目と同じ?


紫色の麦のような穂?にハチが訪ねて来ました・・・どこにいるか分かりますか?


『どんぐりの里いなぶ』道の駅の早朝の様子・・・車中泊車が4~5台おりました


静かな 稲武中心地区の朝・・・ゆったりとした時間が流れていく



旧伊勢神トンネルの今!

旧稲武側の入り口・・・よく見ると トンネル名が『伊世賀美』となっている!


豊田側への出口付近・・・新緑が眩しい!


豊田側からの眺望・・・ヴィンテージ感を出すために モノクロで撮って見ました



わが愛車『ちょい Cam』のリニューアルしたカタログとポスター【手前みそで済みません】
カタログの表紙に採用された 八巻一心撮影の富士山!


これが山中湖で撮影した 富士山の原画です!(2013/04/29 6:52撮影)
(主役の白鳥が ちょい Camに乗り替わっています!)


こちらはカタログの裏表紙に掲載された 《自車の桜の春と紅葉の秋》です


これは店頭やイベント掲示用のポスターバージョンです(ご用命は ユーズネット各店様へ!)



次回は、豊田の夏を彩る『おいでんファイナルと花火大会』を予定しています。   乞う、ご期待!!







  


Posted by やまちゃん at 09:00Comments(17)アート趣味日記

2017年07月22日

さあ~行ってみよう!『虫おくりと夏至まつり】の三重へ

道中の 見どころやスナップを織り交ぜながら進めてまいります・・・・【6月10日~11日】

では レッツゴー!・・・発車オーライ!!・・・

英虞湾を一挙に望める横山展望台の『見晴展望台』のルート案内


昨年の『伊勢志摩サミット』で一躍クローズアップの伊勢志摩


見晴展望台付近の見事な眺め


 三重県の名勝天然記念物に指定されている「楯ヶ崎」
 海に突き立てられた巨大な楯のような大岩壁。高さ約80m、周囲約550m。
 無数の柱が連なったように見える「柱状節理」の岩壁は熊野の海岸の至る所に見られますが、この楯ヶ崎は独立してそびえ立って存在するので圧巻。


古木が画面を引き締める!


「柱状節理」の岩壁・・・勇壮そのもの


「楯ヶ崎」まで駐車場から徒歩で40分位かかるが 途中で奇妙なつる枝を発見!


また、シカにも会いました。 シカし・・・・熊に会わなくて良かったです!


熊野の『獅子岩』では 車に乗った『シシ』?に出会いました!


いつものクセですが 『ちょい Cam』に『獅子岩』を載せて帰ろうとしたが 失敗に終わりました・・・・?


虫おくりとは・・・(熊野市紀和町丸山地区)
「虫おくり」は、現在の稲作での害虫駆除にあたるもので、昭和28年まで実際に丸山地区で行われていたようです。
昔は、農薬等もなく害虫になすすべなかったことから、地域の子供が集まってお寺からお札をもらい、松明と太鼓、鐘などを手に持って千枚田の中を練り歩き、火と音で害虫を追い払っていました。この行事には、ひと粒でも多くのお米を収穫したいという素朴な農民の祈りが込められています。


平成5年の530枚が平成8年には1340枚まで復活しました(at 17:17)


棚田のオーナーや観光客がゾクゾクと集まってきました(at 16:59)


全国各地からのカメラマンも列をなしてきました(at 18:28)


各場所にて キャンドルに点火が行われている(at 19:11)


闇も一段と深くなってきました(at 19:31)


丸山千枚田の輪郭が キャンドルにより くっきりとして来ました(at 19:45)


やがて クライマックスの『北山砲』が2発打ち上げられました(at 20:00)・・・田んぼへの映り込みは最高!


これより『夏至祭り』;夫婦岩の中央に霊峰富士山を配し日の出を拝む(伊勢市二見輿玉神社)
夫婦岩についての解説・・・ご解読下さい


君が代の『さざれ石』ここにあり!!(画面左側の石)


『夏至まつり』のポスター


霊峰『富士山』が頭出す!(at 04:39)


やがて富士山の背後に太陽が顔を出す!(at 04:42)


皆で ❝ご来光❞ を拝む!(at 04:57)


The Finish・・・・感動の『夏至まつり』でした!(at 04:58)



次回は 何が出るかお楽しみに!
  


Posted by やまちゃん at 13:51Comments(19)アート趣味日記

2017年07月16日

観光シーズン到来!!『養老乃瀧で滝開き式』

 『日本の滝100選』の養老乃瀧の滝開き式の様子をアップします。今年は 『養老改元1300年祭』にあたり 盛大な中にも 厳粛に執り行われました。

7月1日(土) 10:00~11:30 【1924年(大正13)から続く伝統行事】

滝開き式用の駐車場案内・・・・滝壺まで  ここから徒歩で約10分


やがて 『滝開き式』会場のテントが見えてきました・・・『養老改元1300年祭』の のぼりが並ぶ!


落差32mの養老乃瀧雄姿・・・前日の大雨で 水量が多いそうです!


山伏姿の修験者の行脚


実行委員会々長のご挨拶


来賓者のご挨拶(議員や警察・地区代表者等)


僧侶による読経


修験者による安全祈願


修験者により 邪気を払う6本の破魔矢を東西南北と天地向けて放った


やがて 関係者と観光客の安全を祈り 護摩壇に点火!!


修験者による ご祈祷が続く・・・・


来賓者に安全祈願の竹酒が振る舞われる


一般観光客にも 安全竹酒が・・・・小生は車のため辞退し 酒の代わりに涙を飲みました?


手筒花火の仕掛け人滝壺前に集合


手筒花火2本奉納・・・しぶきで滝が見えない!


手筒花火4本奉納・・・煙で滝が見えない!


点火準備・・・(滝壺下流よりのアングル)


手筒花火最終奉納・・・(滝壺下流よりのアングル)


手筒花火奉納後 関係者の祈念(記念)撮影


記念に頂いた 奉納済みの手筒花火と『養老改元1300年祭』の養老町発行の冊子


帰着時 滝の下流は幻想的なモヤと煙に包まれていました!



 ☆式典を動画で再現!
 マークをクリック)
1、行脚・・・53秒




2、会長挨拶・・・1分23秒




3、点火・・・1分22秒




4、ご祈祷竹酒振る舞い・・・38秒



    次回を お楽しみに!

  


Posted by やまちゃん at 10:14Comments(15)アート趣味日記

2017年07月08日

ふぉと ハンター 『東海の春を駆け巡る!』

<第1弾;琵琶湖周辺の情景

早朝、奥琵琶の西側高台より東側をハンター!!・・・雲間からの光芒が見どころ


ビラデスト今津 平池のカキツバタ・・・・オレンジ色の花は レンゲツツジのようです!


平池のカキツバタ・・・今年はカキツバタの生育が悪い!・・・朝モヤがかかると最高だが・・・残念!


琵琶湖水鳥センター近隣の川でカンムリカイツブリの産卵をハンター!


夫婦揃って 外的からの卵の守衛監視に集中!


米原・木之本間を特別運行するSL『北びわこ号』


伊吹山を背景に疾走する東海道新幹線


東海道線の安全を見守る『幸せの黄色い新幹線』・・・ドクターイエロー


題して・・・〝釣り人夕景”


〝またあした 琵琶湖に沈む 夕日かな″・・・一心作


題して・・・〝琵琶湖黄昏”


〝日が沈む 絵の具こぼして 明日を読む″・・・一心作



第2弾;富士山周辺の情景

南富士エバーグリーンライン内にあるぐりんぱ遊園地より富士山をハンター!!


日本の象徴揃い踏み!


遠近感強く吸い込まれそうな構図かな


主役の富士山を盛り立てる脇役のチューリップ・・・『花を持たせる』の原語???


〝富士川の 上に浮かぶよ 富士の山″・・・一心作


〝茶畑の 上に浮かぶよ 富士の山″???・・・一心作


〝夕暮れ時 富士山抱く 山中湖″・・・一心作


題して・・・『満天星の富士の空』



第3弾;揖斐川周辺の情景

岐阜のマチュピチュ「天空の茶畑」
住所:岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合 ☎ 0585-57-2570 上ケ流茶(カミガレチャ)の産地


こちらの画像の方が『天空~』らしいが・・・・鉄塔と電線が邪魔してる



ダム堤防より徳山ダム湖をハンター・・・水鏡が実に綺麗だ!!


ダム・データ

 本体着工/完成年:2000/2008年  所在地:岐阜県揖斐郡揖斐川町
 型式:ロックフィルダム  堤高:堤頂長:161m・427m
 総貯水量:6億6,000万㎥  (貯水量日本一、浜名湖の約2倍)  


徳山ダムの見学記を『ダイジェスト動画』にまとめましたので ご視聴下さい。(2分15秒) を押して再生!
【➀マウスポインタを動画々面上に置く ➁画面下部の▯▯マークをクリックすると画面が停止 ③静止画の時に止めてゆっくり説明文をご覧ください ➃再々生は▷をクリックして下さい】 



  ご高覧頂き誠に有難うございました。  次回をお楽しみに!!
 

   写真展示会のご案内

    日時;7月9日(日)~7月17日(月)
       10:00~17:00(最終日は16:00)

    場所;豊田市丸山町 カバハウス 1Fロビー

    内容;景色、スナップ、イベント等 約40点

    小生の当番日;7月9日(日)9:30~13:00
           7月13日(木)9:30~13:00

  


Posted by やまちゃん at 22:34Comments(16)アート趣味日記

2017年07月02日

旬が過ぎ去る前に・・・『あじさいとホタル』を緊急投稿!!

蒸し暑く 鬱陶しい 梅雨の真っ只中です・・・・綺麗なあじさいの花とホタルの光を眺め 低迷するこの気分を追い払いましょう!!!

《本光寺のあじさい》
幸田町大字深溝字内山17  TEL:0564-62-1626
幸田町観光協会(産業振興課内)
TEL:0564-62-1111(代) 内線 262



シャッターチャンスの山門の登り口


古井戸や 蛙飛び込む・・・( ^ω^)・・・


塀前と 咲き誇るかな あじさいの


格子戸の 向こうに咲きし 白い花


竹林の 静けさ超えて 華やかに


むらさきの  梅雨空拝む 一輪花


『われ先に!』


『学のある あじさい?』


『独り立ち』


『凛として・・・』


『珍しい赤いチョウ?』


『梅と生きる!』


『灯篭と生きる?』


『家族と共に』


『山門の奥に咲く』



《鳥川ホタルの里》〒444-3614 愛知県岡崎市鳥川町小デノ沢5番地1 電話;0564-82-3027


『ホタルの里 とっかわ』ののぼりとあじさいの植え込み


『岡崎市ホタル学校』・・・廃校になった小学校の校舎を再利用


展示物の一端を紹介(ホタルの生態)
➀交尾・産卵の様子


➁ふ化と幼虫


③サナギに変態


➃ホタルが゙舞飛ぶ


⑤全体のまとめ


ホタルの舞い


観察・撮影の様子


『ホタルの乱舞』・・・・ソフトで比較明合成処理



お疲れ様でした。感想など(Comments)欄にお寄せ頂ければ 幸いです・・・・・(^O^☆   


Posted by やまちゃん at 22:17Comments(11)アート趣味日記

2017年06月27日

『機内泊無しで行く ネパール大満喫 8日間』 PART Ⅶ』

旅程;7日目 5月7日(日) 晴

 悪天候によりカトマンズで足止め!⇒9時間遅れのMU758で朝方昆明に到着⇒ホテルでは朝食のみ⇒昆明9:20発のMU756にて上海へ⇒上海リニア新幹線体験乗車⇒昼食⇒上海18:15発のMU2691で空路、帰国の途へ

ツアー最終日;中国での一日!

昆明空港近くの『Howard Johnson City of Flower』ホテルの豪華な佇まい・・・花博記念ホテルのようです?


豪華な部屋には 入ったが 泊まる事なく 朝食のみでチェックアウト・・・無念残念!!!!


時間がなく 慌てて食べた ホテルバイキングのモーニング・・・『バッド? モーニング』


昆明国際空港ののシンボルが見えてきました・・・MU756で上海へ


上海到着;リニア新幹線の経路図・・・シマ模様の磁浮列車線


国際空港側乗車駅の様子・・・安全柵有り


リニア新幹線の車内の様子・・・シートの品質は今一!


社内に表示されるスピードメーター・・・・只今!300km/hです!・・・意外と静粛!


車窓から見える高層マンション群・・・窓は広く 開放的


車両の前方視・・・穏やかなループを描いている


車両先頭車側面視・・・空力のためか 余分なものは 付いていない


上下線の走行状況スナップ


駅構内の様子・・・至ってシンプルに構築されている


空港内レストランで見つけた 変わった障壁のデザイン


ここは 中国ですので 久々のターンテーブル・・・いわゆる円卓での食事


代表的な盛り付け・・・・ネパールよりは 美味しく見えますか?



《総集編》

プロが撮った山岳写真!ポスターより引用
ヒマラヤ山脈のアンナプルナ山群


夕日に輝く アンナプルナ山群


世界最高峰のエベレスト8848m(4450m)・・・チベット語『チョモランマ』 現地ネパール語『サガルマーター』と言う


ナガルコットからのエベレスト山群の感動!の眺望



各PART別に見る自画自賛の作品!
PART Ⅰ 『眠らぬ えあーぽーと』


PART Ⅱ 『丸窓に鎮座するサガルマーター』


PART Ⅲ 『メルヘンチックな象の影絵』


PART Ⅳ 『ネパールの未来を見つめる目』


PART Ⅴ 『ポカラの夜明け』


PART Ⅵ 『ナガルコットに静寂な時が流れる・・・』


PART Ⅶ 長きに渡る ご高覧に感謝します・・・謝々!・・・ナマステ!



  


Posted by やまちゃん at 12:00Comments(12)アート趣味日記

2017年06月21日

『機内泊無しで行く ネパール大満喫 8日間』 PART Ⅵ』

旅程;7日目 5月6日(土) 晴

 ナガルコット ホテルチョータリの展望テラスより星空と朝日を観賞⇒テルコット・ミニハイキング⇒バスで移動⇒⇒カトマンズへ(名物のヒマラヤ蕎麦の昼食)

ホテル展望テラスからの星空と朝日観賞!

星空観賞・・・日本の空と同じく?北斗七星が光々と輝いていました!!


山並みの向こうから 朝日が昇ってきました!


一層輝きを増してきました!!


山側中腹のホテルにも 光が届いてきました


ホテルの部屋からの 朝日は強烈な眩しさを感じました



ホテルレストランでのブレイクファスト!

この派手なガラス張りがホテルのレストラン・・・右奥に見えるのが ホテル宿泊棟(数棟に分かれている)


これが カトマンズでの最後の朝食・・・美味しく見えるように 盛り付けてみましたが・・・?


レストランの外の フェンスに止まってた 名も知らぬ鳥・・・とり留めのない話で済みません!



テルコットハイキング!
ナガルコットからテルコットまで なだらかな下り道。標高1750m~1541mで歩行距離約5km。途中、村を訪問し暮らしぶりを取材しました。

ナガルコットのホテルエリアからの遠望・・・山並みやモヤのグラデーションが心に響く


段々畑の 曲線が何とも言い難い 美しさである


山肌の中腹に 民家が点在し 村を形成しているのだろうか・・・・


松の葉は日本の硬いイメージから一転 柔らか~い 感じである


カボチャの花に似ているが・・・・名称不詳


日本で言う 菩提樹のようなものか・・・・・村民の憩いの場となっているようだ


我ツアーのハイキング風景・・・主要道から一本外れた村道を散策


何処の民家でも ニワトリ(名古屋コーチン?)を飼っている・・・食用?


ヤギの子供が〝お医者さんごっこ″をして遊んでいました・・・メーデーの日かな?


題して・・・・ 『親子で語らう 二人の未来』


題して ・・・・『家族の絆 ここに有り』


題して ・・・・『家庭のまかない 手によりかけて』


題して ・・・・『我豪邸 風雨に強し』


ハイキングも後半に入ると 山の中腹に小さな寺院が見えてきました


お参りの後 爺ちゃんが写真を撮っていました・・・礼拝時は 裸足になる習わしあり


参拝し 帰途に付く母子連れが ポーズを取ってくれました!



名物ヒマラヤ蕎麦の昼食!

蕎麦処の入り口案内板


ピンクやバイオレット色の 華やかな楽園の中に店がありました


これが『ヒマラヤ蕎麦』です・・・店主は日本で手打ちそばの修行を長年やって来たとか・・・味はベリーGOOD!


店内に『ヒマラヤ蕎麦』である赤そばの写真を飾ってありました


いよいよ最終回のPART Ⅶをお楽しみに!!  


Posted by やまちゃん at 22:13Comments(15)アート趣味日記

2017年06月15日

『機内泊無しで行く ネパール大満喫 8日間』 PART Ⅴ』

旅程;6日目 5月5日(金)晴

ポカラ グランデ ホテルからのアンナプルナ連峰観賞⇒空路でカトマンズに移動⇒バスで移動⇒途中世界遺産のバクタプル観光(ダルバール広場・旧王宮広場・民芸品店)⇒ナガルコットへ

ホテルからのアンナプルナ連峰観賞!

ホテルの入り口に装飾してあった花飾り(歓迎の意を表す日本の門松のようなものか?)


ホテルフロント受付嬢と絵画に『ナマステ!』


プールの奥庭後方に我々宿泊の別館が佇んでいました


ホテル本館屋上テラスから ヒマラヤ山脈の日の出を拝む


同じくテラスからのアンナプルナ連峰を遠望


アンナプルナ連峰の中のマッターホルンと呼ばれる『マチャプチュレ山;6993m』


宿泊部屋からもこのようにアンナプルナ連峰を望むことが出来る!


同僚とアンナプルナの美しさにVサイン・・・中央の手前の山が 昨日早朝に登ったサランコット


観光バスのドライバー・アシスタントと記念写真・・・所変われどサインは同じ!!



空路でカトマンズへ移動!

YT-674便 9:30ポカラを後にする


カトマンズ上空から 交通状況を調査?!



世界遺産のバクタプルの観光(カトマンズ)

仏教・ヒンズー教等の信仰心が強く 仏像店が多く見られる 


古い寺院が所狭しと建立されている


2年前の地震で壊れたシンボル的な寺院


壊れた寺院の横には以前の写真を垂れ幕にし 早期復興再現を目指している


広場内のレストランで ランチとして『ネパール風西洋料理』を食す


『老婆の信者』・・・( ^ω^)・・・


『仙人風の信者』・・・・ええと(汗)


地震からの復興で働く労働者の様子・・・女性は強し!!


耕運機で 資材や機材を運搬している


カラフルな街角のくだもの屋


インドラ・チョーク・・・日用品・衣類・お土産を売るにぎやかなバザール


この広場の 一角に『孔雀の窓』の有名なオブジェが設置されていました。


寺院の支柱になぜか『子孫繁栄』の木彫りが目立つ・・・子宝信仰の神のようですネ!


寺院の出入り口付近で 居眠りする犬とヤギが何とも微笑ましい・・・


ヘビを祀っていた 王室の文化的な所。



動画;広場内での音楽パレード! ▶ をクリックしてネ!



ナガルコットのホテルへ!
ナガルコットのホテル入り口・・・山腹にあるため 眺めの とてもいい所です


夕食レストランの バイキング盛り付けの列


すみません!・・・また、また まずく見えるように 盛り付けてしまいました!


ホテルの屋上からの夜景・・・右下のようなホテルが 周りに点在していました


 次回のPART Ⅵをお楽しみに!!  


Posted by やまちゃん at 05:59Comments(14)アート趣味日記

2017年06月08日

『機内泊無しで行く ネパール大満喫 8日間』 PART Ⅳ』

旅程;5日目 5月4日(木)晴/一時スコールとヒョウ

サランコット・ミニハイキング(朝日観賞)⇒『ビンダヤバシニ寺院』参拝⇒フェワ湖ボート遊覧⇒トラコット・ミニハイキング(夕日観賞)


ポカラ近郊マップ  人口約20000人、ネパール首都カトマンズの西北西144kmに位置し ヒマラヤ山脈の南面にあり フェワ湖を抱える



サランコット・ミニハイキング!

早朝3:30に起床し サランコットのミニハイキングに参加・・・階段の昇りが続き きつい!


夜明け前の サランコット展望所より ポカラの街を望む


日の出の光芒が見えてきた


強い光芒となって来た


そして 太陽が顔を出してきた


日の出98%を達成!・・・恐竜の頭?のような雲が発生


完全な夜明けである・・・朝日に染まる山並みが綺麗だ!


やがて一日の始まりである・・・ポカラの市街と雲海と山並みが遠望できる


子供の可愛らしさに つられてパチリッ


サランコットの階段を 下山する


『バイクの親子』


『朝の水くみ仕事』


『コップを洗いながらの談笑』


『民家の朝の始まり』


『坂の途中から フェワ湖を望む』


『機織りをする親子』


『ここから撮影したポスターですヨ』とツアーガイドさんが紹介



ビンダヤバシニ寺院の観賞!

ビンダヤバシニ寺院の参拝観光


毎朝信者が参拝に来るそうです


お供え物でご祈祷する中年女性


お賽銭箱は 中が丸見えである


寺院の飾り物と 花のコラボ作品


寺院の入り口で お供え物を売っていた・・・ヤシの実・赤い花・たまご等がセット



フュワ湖遊覧!

フェワ湖をボートで遊覧・・・霞がかかっていないと上部にアンナプルナ連峰が見えるとか


この小島の中に寺院が祀ってあった・・・地元民が参拝に渡るようです



カメラが見たもの!

観光用タクシー・・・スズキ製の小型車が殆んどであった


サギ仲間の鳥が 竹林にたくさんの巣(寝床?)を作っていた


少し暗くなったかなと思ったら いきなりスコールが発生・・・初経験!


山沿いでは ヒョウもボロボロと一緒に落ちてきた・・・約30分程度で収まる



昼食!

昼食のネパール餃子と・・・・・


焼きそば定食(肉炒めと炒飯)・・・結構いける味でした



トラコットハイキング!

スコール後のトラコット頂上にて集合記念写真に収まる


段々畑が造形的で綺麗だ


道端で遊んでいた・・・兄弟かな?


カメラを向けたら 快くポーズを取ってくれた親子の住民


やがてトラコットの丘は夕焼けに染まる


西の空に陽が沈む・・・


幻想的な夕景に出会えた!



夕食!

ポカラレストランでのバイキングディナー・・・何と!カレーナンが付いていました?



如何だったでしょうか?・・・・・PART Ⅴを お楽しみに!!  


Posted by やまちゃん at 20:53Comments(18)アート趣味日記

2017年06月03日

『機内泊無しで行く ネパール大満喫 8日間』 PART Ⅲ

旅程;3~4日目  5月2日~3日(水) 快晴

チトワン着後タル族村訪問⇒『アイランド ジャングル リゾート』泊⇒世界遺産チトワン国立公園を象に乗って探検⇒工事悪路を7時間バスに揺られてポカラへ

カトマンズ発YT-175(14:10)でチトワンに向う


タル族村訪問

家の造りや暮らしについて現地の案内人が説明してくれた・・・屋根はよしずで壁は象の糞で練った土壁が家屋の主流だとか・・・


とある家族と記念写真に収まる筆者・・・一家の子供は3~5人が平均のようです


夕ご飯の支度に余念がない娘さん・・・米?を研いでいるのかな?


子供たちは大変人なつっこく純真だ・・・お金のある家しか学校に行かせられないとか?


今晩の宿⇒『アイランド ジャングル リゾート』のセンターハウス


やがて日本で見るのと同じ太陽が西の彼方に沈んで行く・・・


ジャングルの中のリゾートでのご馳走・・・まずまずのお味でした


夕食後は イベント広場で村の若者たちが 民族舞踊を披露してくれた・・・小生も一緒に踊り親善を深めた・・・・



象に乗ってジャングル探検!

象乗場にあるタラップ?より縦棒をまたいで乗る(次の写真参照!)


さっそうと サバンナツアーに出発!


象のドライバー?が棒を指す方向を見ると・・・・


サイがエサをあさっていました!


『一角サイ』に会えるなんて サイ高?の幸せ・・・・


みなさ~ん! 象の乗り心地は多少横に揺れますが 最高ですヨ~


そろそろ サバンナツアーも終わりだね~


我らの乗った 象の影は何となくメルヘンチックだワ~


(^^♪ ゾ~さん ゾ~さん お鼻が長いのねえ~ #


そ~よ お鼻で 水を飲むのよ~・・・♭


♭~そうして 水を口に注ぐのよ~‥‥♬


♬次に わらを丸めたエサを食べるんだヨー(^^♪



サバンナや居住地で見たもの!
川の向こう岸に 大きなワニの姿が・・・・


窓枠にチョウ(ミヤマセセリ?)が止っていました・・・・


天井の隅にイモリ?が散歩していました・・・・



村人の葬式に遭遇!

葬儀場を表す石碑?


川の渕で時間をかけて 骨粉になるまで火葬し やがて灰を川に流すそうです!


葬儀参列の 親族や知人関係の人々



宿泊のジャングルリゾート!

宿泊したバンガロー的な1戸建の前でポーズをとるブログオーナー


サバンナ関係で大変お世話になったスタッフの方々



チトワンからポカラの移動道中!

道路拡張工事のため4時間の通行止め(毎日のように?)


殆どのトラックはこのようにハデでガッチリとしている


ようやく規制解除・・・・デコボコの道を約190kmひたすら走る!(ホコリと揺れでピント合わず)


悪路を揺られて7時間・・・・深夜の11:30にポカラのホテル(ポカラ グランデ)に到着!!みんなヘトヘト・・・



 如何だったでしょうか?・・・・・PART Ⅳを お楽しみに!!  


Posted by やまちゃん at 23:10Comments(22)アート趣味日記

2017年05月25日

『機内泊無しで行く ネパール大満喫 8日間』 PART Ⅱ

旅程3日目  5月2日(火) 快晴

カトマンズホテル発⇒オプションツアー『エベレスト遊覧飛行』⇒世界遺産カトマンズ観光⇒空路にてチトワンへ

メーンイベント『エベレスト遊覧飛行』!
朝食後、カトマンズ GRAND HOTELを後にする・・・・


やがてカトマンズ空港に到着。 いよいよメーンイベントの『エベレスト遊覧飛行』のオプショナルツアーのスタート!!『ナマステ!』


1列10人乗りで3列の内 左右の窓側2列を使用・・・天国手前のエベレストに会えると思い ご機嫌の筆者・・・


そうこうするうちに 白峰が連なる上空へ・・・ワクドキ・・・ワクドキ・・・


ナマステ!エベレストよ!・・・初対面の感動が込みあげて来る・・・白い煙のようなのが出ている山が・・・・エベレスト又はチベット語でチョモランマ  ネパールではサガルマータと呼んでいる  標高8848mで世界最高峰である


エベレスト山群の遠くを見渡す・・・感謝!感激!感動!の連続である・・・


小窓より翼の先に エベレストを拝む・・・合掌!


コックピット内も見学し この上ない満足感が得られた


約90分の遊覧飛行を終え 降りるとき『搭乗証明書』を記念に頂く


これが その機長のサイン入り『搭乗証明書』です


『エベレスト遊覧飛行』 動画 (客室より)


『エべレスト遊覧飛行』 動画 (コックピットより)


プロスキーヤーこと三浦雄一郎の話題
(近々 エベレストに登るとか?)
三浦雄一郎がネパール滞在中は 必ず立ち寄ると言う民芸土産物店


店長と友達関係と言う三浦雄一郎のスナップ写真が飾ってあった


カトマンズの世界遺産観光・・・ダルバール広場
広場に広げられた露店


2015年の地震の被害がそのまま残っている


こちらは 復興の最中か?


地震の被害について ツアーコンダクターの説明に聞き入る我ツアー仲間


露店では 仏教やヒンズー教徒が多いので 仏像や仏具が多く売られている


ヒンズー教の少女の生き神クマリが暮らす『クマリの館』・・・運の良い時間だったので少女の顔を拝むことが出来た!(顔は撮影禁止)


観光客用のいわゆる『観光タクシー』・・・京都の観光地にもある ベロタクシーと同じか?


復建中の三重の塔


ツアー相棒の『マッタケホルン』さん(中央)とクラツーさん一行


地震で壊れなかった建造物


建造物の柱の木彫は 子孫繁栄を願ったデザインが多い・・・各所の建築物で見られた


街角で見かけたトピックス

観光で活躍する トヨタハイエースコミュータ・・・スピードもはいえーすヨ?!


今でも健在なり!初代のトヨタRAV4・・・品質のトヨタここに有り


ネパールのナンバープレートのデザイン・・・所変われば 品変わるである


カトマンズ市内は車がごった返す・・・信号があるが作動していない!!・・・よくぞ事故にならないものだ!


おもな交差点では 警官が手信号で さばいていた・・・トイレに行きたくなったら どうするのだろうか?


街中の電柱には配線の巣が出来ている・・・ショートによる火災発生がないのかな????


では 次回の PART Ⅲをお楽しみに!  


Posted by やまちゃん at 20:20Comments(21)アート趣味日記

2017年05月17日

『機内泊無しで行く ネパール大満喫 8日間』 PART Ⅰ

‟感動!ふぉとハンター″ ブログファンの皆様! 長らくお待たせしました。 先のGWを有効に使い 地球の屋根とも言われるネパールの調査に出かけました。・・・・天国一歩手前のエベレストを 拝んで来ました!』 ので日記風に編集し投稿してまいりますので お付き合い下さい。


ツアー概要


ツアー大日程



旅程1~2日目 4月30日(日)~5月1日(月) 快晴

4月30日16:30予定通り中部空港を飛び立つMU720便


やがて乗り継ぎ地の上海空港に到着・・・時差はマイナス1:00


待ち時間を利用し軽食(マーボ定食)で腹を満たす


オンタイムで昆明へのMU748に搭乗


夜の上海空港は中国第2位の空港だけあって ライトが眩しかった!


夜中に昆明に着き 朝食後千年の歴史を有する『官渡古鎮』を散策


通路脇の土産店・・・・品数が多く店内が見えない!


広場の奥に佇むは『少林寺』・・・少林寺拳法とは関係ないそうです


超満載のトラックが我ツアーバスを追い抜いていく??・・


ツアー者顔合わせで中国でメジャーな 円卓での中華料理


小生は 健康志向の野菜多め


いよいよ ネパールの首都カトマンズ行きのMU757便に搭乗


午後3:30過ぎカトマンズ空港に着陸し『ナマステ!』・・・ オハヨウ、コンニチハ、サヨナラの意を表す挨拶常用語(時差マイナス3:15)


ツアーコンダクターのパダムさん・・・日本滞在は7日間だけだが日本語は流暢で頼りになる!


ネパール最古の仏教寺院のスワヤンブナートを観光・・・・サルが多くモンキー・テンプルとも呼ばれる 高台からは カトマンズ市内が一望!


ツアーバスの前でご機嫌な筆者・・・40人乗りの中型バスで12人なので席は余裕綽綽!


夕食は民族舞踊を見ながらの ネパール伝統料理・・・豆類のスープやホーレンソウ&カレー


ネパールの地ビール『エベレスト』はまずまず!


これが伝統ネパール料理・・・右の黒っぽい汁は 豆のスープ



民族舞踊の動画・・・・収録時間 3分15秒 画面が暗いのでご了解を!


  では 次回のPART Ⅱをおたのしみに!
  


Posted by やまちゃん at 15:55Comments(11)アート趣味日記

2017年04月26日

この春の総決算~桜花から手筒花火まで~

秘蔵の画像を一挙大放出!!・・・とくとご覧あれっ~候!!

岐阜県天然記念物指定の『水戸野のシダレサクラ』・・・枝ぶりのバランスが良い


白川茶がシダレサクラを引き立てている


昼の部;田んぼへの映り込みと脇役のスイセン


夜の部;打って変わって幻想的な佇まい


お月さんと ライトアップの競演


シダレサクラを配置し 星リング撮影に挑戦!


岐阜県恵那市上矢作町の福寿草の群生地


上矢作町R418沿いに流れ落ちる『不動の滝』


飯田市座光寺にある元善光寺の階段手摺の造形美


元善光寺本堂前庭に 瀕死の桜が花を付けて生きぬいていました・・・


飯田街道(R153)の一本西街道を走っていると りんご畑の上に雲海が出来、南アルプスが浮いて見えました!


廃校になった杵原学校(旧山本中学校)のシダレはまだ2分咲きでした!!


甌穴群で有名な岐阜県の飛水峡が ようやく桜が満開でした・・・・


矢作川を疾走するドクターイエローをハンターして見ました


観覧車を押すドクターイエロー?を初めて見ました


松平郷のトンボ池には 水芭蕉と桜が一緒に咲いていました


高月院の山門の奥の桜も満開でした


松平春まつりに於ける 手筒花火の奉納会場の開場様子


やがて 点火され奉納開始!


シューと言う音と共に 火の粉が降り注ぐ・・・熱さにも 負けず・・・


耐え抜いて・・・耐え抜いて・・・終盤に至る


『松平郷』の仕掛け花火の間を トンボが舞う



そして 動画で観よう 花火神輿を!!


そして 動画で観よう 迫力の 手筒花火を!!



今後 宇宙旅行?に出る予定ですので しばらく休稿いたします。・・・皆様も 安全で楽しいGWをお送りください!  


Posted by やまちゃん at 21:08Comments(14)アート趣味日記

2017年04月17日

とよたの満開桜 見て歩き / / / / ・・・・ 。。。。......

ここ一週間で撮った豊田市内の満開桜をランダムに並べて見ました。花見がてら どこで撮った写真か?考えて見て下さい!!

回答は 最後尾に3日後に掲載しますので、自己採点して見て下さい!



















10


11


12


13


14


15


16


17


18


19


20


21


22


23


24


25


26


27


28


29


30


ご高覧有難うございました! 3日後に これ以降に撮影場所を掲載します。

撮影場所発表!!
1、桝塚東町;行福寺  2、豊田高専桜トンネル 3、藤岡緑化センター 4、渡刈町アローブリッジ 5、松平郷室町塀 6、朝日ケ丘七洲城7、平芝町安長寺 8、朝日ケ丘豊田市美術館 9、豊田高専桜トンネル 10、水源町 11、渡刈町アローブリッジ 12、藤岡緑化センター 13、森町溜池 14、豊田市美術館 15、藤岡緑化センター 16、水源町 17、水源町 18、桝塚東町行徳寺 19、神池町神池 20、平芝安長寺近くの愛環鉄道 21、森町曽根遺跡 22、神池町神池公園 23、豊田高専桜トンネル 24、水源公園 25、千石町豊田スタジアム 26、森町曽根遺跡 27、水源町 28、松平高月院 29、神池町神池 30、朝日ケ丘豊田市美術館
 
  正解率何パーセントでしたか?・・・残念ながら100%の方はいないと思います。・・・ご静観有難う御座いました!  


Posted by やまちゃん at 22:32Comments(19)アート趣味日記

2017年04月07日

【緊急投稿】 近場の花見事情日記!!

3月31日(金) 曇り
香嵐渓巴川下流のミツマタの花






香嵐渓のカタクリの花




4月1日(土) 晴れ時々曇り
平成記念橋東の早咲きシダレザクラの花




4月2日(日) 曇り時々晴れ
岐阜県下呂界隈の雪割草の花




岐阜県白川町 水戸野のシダレザクラのライトアップ


4月5日(水) 晴れ
岡崎奥山田のシダレザクラ










4月6日(木) 晴れ
豊田高専のサクラトンネル






豊田スタジアムと曽根遺跡




 この週末は 三河界隈は桜満開で 花見日和となるでしょう!!!  


Posted by やまちゃん at 06:13Comments(18)アート趣味日記

2017年04月03日

桂林第5話 『環境・生活・はみ出し画像』の放出!!・・・完結編

いよいよ『山水画の桂林と絶景の龍勝棚田 5日間』の旅も終結を迎えました。

この5日間で得た情報画像を ダイジェスト的に編集しました。重複する場面もありますが どうぞ最後までお付き合いください。

4泊中3泊した【漓江大瀑布飯店】・・・デラックスクラスのホテルで快適!8階からの夜景が 印象的でした


朝食の一例・・・全てがバイキング方式となっていた。メニューも豊富


ランチの一例・・・全てが回転テーブル式でボリュームあり


ディナーの一例・・・肉は少なめ。魚・野菜・ビーフン・炒飯等


くだもの屋・・・柑橘系・プラム系と種類が豊富  特にキンカンはどこにでも売っていた


おみやげ屋・・・現地特産のチャイナ服


そして 同じく可愛いデザイン傘


こちらは 日本の昔懐かしい『駄菓子屋』に相当?


GSに給油に来た三輪車のおとうさん!・・・前輪タイヤの上に載った発動機で駆動している


駐車違反の取り締まりに遭遇した?車


トヨタハイエース??・・・と思いきや全くのコピー車


竹製イカダを運ぶボンネット型大型トラック・・・懐かしい!


信号待ちの電動バイク・・・緑ナンバーは免許不要。汚染防止から国として優遇している


桂林・陽朔間の道路の拡張工事が盛ん実施されていた


道路沿いで 住居新築が盛ん!・・・時間をかけてじっくりと建てているそうです


ガソリンスタンドにある公共トイレ・・・紙を置いていないのでポケットティッシュ必須


中国語のポスター・・・日本の映画『おしん』が放映されたようです


メノー石の一刀彫とか・・石の色彩を生かして掘った物だそうです


中国の子供のシャボン玉遊び風景


七星公園で記念写真を撮る内人?(外人の反対語)の女性たち


漓江船下り船の大きな広告看板


漓江下り時に洞穴を発見!・・・奥が深そう


中国の雄大さを感じる景色のひとつ・・・隊列組む漓江船下り


丘の中腹に見えるビニールハウス?はキンカン栽培とか?


巨大サツマイモの龍脊棚田(梯田)の記念碑


モヤがかかり幻想さを一段と増した棚田風景


細い線の曲線美と人類の尊い力に感動!!



中国人添乗員による『うるさい中国人の会話』についての講義



5回にわたて 投稿しました『桂林の旅』はどうでしたか? 皆様の今後の参考にして頂けたら幸いです。長期間にわたってのご高覧有難うございました。

写真展のご案内
場所;丸山町 カバハウス 1Fロビー
日程;4月9日(日)~16日(日)
時間;10:00~16:00
点数;約40点

小生当番日;13日(木) 10:00~13:00
      15日(土) 10:00~13:00
  


Posted by やまちゃん at 21:39Comments(15)アート趣味日記

2017年03月30日

桂林第4話 『陽朔と桂林の観光』にご案内!!

 陽朔(ようさく)は桂林より南に約65キロ、漓江下りの終着点であり、車で行けば1時間程度で着く距離にある。 人口は約30万人である。周囲は桂林観光の一番の見所となっており、近年、多くの外国人が足を運んでいる。

陽朔の中心となっている西街(にしがい)


街が観光地となる以前からも多くの西洋人が滞在していたため、洋人街とも呼ばれている。西街ではほとんどの店の前に中国語と英語の看板が掲げられており、街には英語を話せる中国人が多くいる。


みやげ物店や飲食店だけでなく、手ごろな値段のホテルも数多く軒を連ねており、一年中多くの観光客を迎え入れている。・・・なぜかVサインの孫悟空もいました!


街の至る所でキンカンを山と積んで売っている!


一家そろってドライブ?がてら買い物か?


珍しい山々に囲まれており、桂林とはまた違った山水風景


鵜匠になったつもりで ご満悦の日本からの観光客


綺麗な民族衣装を着けた美女を見つけ 空かさず横撮り?


きれいな穴がぽっかり開く月亮山(げつりょうざん)・・・それを片手で持ち上げようとする観光客


バスで1時間かけ桂林に戻り 七星公園(しちせいこうえん)を見学
本来はパンダを見る予定でしたが 昨夏の暑さで体調を崩し四川省で療養中とか。


中国らしい銅像と花桃 そして奇岩のラクダ


これは 確かに 楽だ!楽だ! バンザーイ


30余りある洞窟の中で 最も美しいと讃えられる穿山岩内に入る


見事な鍾乳石


ライトアップでより幻想的な鍾乳洞となっている


上の部分が折れてしまったのか?・・・硬そう!・・・?


これも見事な柱状の鍾乳石


40分程歩いて鍾乳洞を出ると そこには別世界が広がっていました・・・


地元で人気の正陽路を散策


桂林唯一の地下街の入り口


地下街の見取り図で経路を確認


所狭しと商品を陳列・・・〇〇9元と9を使い安く見せている


我々の仲間が カツラの試着検討中!!


中日友好文化交流研究会なる館に案内される


室内の正面に中国と日本の友好・・・の看板あり


周恩来と田中角栄両氏会談時に飲んだ50度の酒・・・で試飲⇒上半身ポカポカに!


有名人が描いた掛け軸が販売されていた・・・鑑定書付


4歳位からピンポン外交で『愛ちゃん』が活躍!・・・今は地方の中国語も喋れるそうです


山口百恵の珍しい記念盤のCDを所蔵しているようです


2月28日のディナーが ツアー最終日なので皆で〝カンパーイ″



陽朔でのオプショナルナイトツアーの動画(320元=5400円)映画を元にした水上での光・いかだ・大人数のショー

印象劉三姐ショー



印象劉三姐ショー


 ご高覧有難うございました。  次回は『環境・生活・はみ出し』画像の放出!を予定しています。ご期待下さい。  


Posted by やまちゃん at 23:20Comments(12)アート趣味日記

2017年03月26日

桂林第3話 『桂林観光ハイライトの漓江下り』にご案内!!

桂林観光の目玉は 桂林から83kmの陽朔へ約4時間かけて 漓江(りこう)を下るクルーズです。青き水と両岸に現れる奇峰の造形に目と心が奪われてしまいます。・・・漓江は、広西チワン族自治区の東北部を流れる長さ426kmの川です。

優美な川辺に水墨画のふすまが延々と立ち並ぶ世界へ・・・ようこそ! ニーハオ! ウエルカム!

竹江埠頭から船に乗って陽朔客運港までの4時間のクルーズを『感動ふぉと』と『動画』にて紹介!


山水画を脳裏に描き船乗り場に急ぐ クラブツーリズム一行の皆さん


竹江埠頭に到着・・・いよいよ胸踊る ハイライトの漓江下りがSTART!!


船内1、2階は快適な客席


デッキではパノラマ風景を楽しむ


追い抜いた客船のデッキでは 笑顔と歓声で手を振る観光客


いよいよ山水画劇場の始まり!・・・寝ている西洋人の顔に見えますか?


途中 最近起きた落石現場を発見!・・・地震は少ない筈?・・・自信ありません!


コウモリ山と手前が鳳尾竹の景観


九馬画山・・・壁面に9頭の馬が描かれているように見える!?


中国20元紙幣の裏面に採用された風景・・・最も中国の代表的な場所!


小生の大好きな構図の場所・・・某飲料水メーカーのCMに使われた?とか・・・


童子拝観音?(観音様を拝む子供に似ている)・・・客船が連なる様は勇壮そのもの!


船下りも 終盤に近付き休息ムードに突入



ここから実体験に近い『得意の動画』でご案内!   ▶マークをクリックして下さい! 

14、コウモリ山



15、タケノコ山


16,楊堤風光



17、漓江船下り後半


陽朔客運港に到着・・・食事風景が出て来ませんでしたが 客室で弁当を食べました


4時間のクルーズを終えた下船風景


歓迎ムードの陽朔に到着



ご高覧有難うございました。・・・・次回の『陽朔と桂林の観光』をお楽しみに!  


Posted by やまちゃん at 10:13Comments(14)アート趣味日記

2017年03月20日

桂林第2話 《龍勝県龍脊棚田の曲線美》への誘い!!

龍脊棚田は桂林市から80㎞、龍勝県から22㎞離れた龍脊山を中心とした山岳地帯に開拓され、「世界の棚田の冠」と讃えられています。海抜約300~1100mの高い位置に26~35度の傾斜した山肌に66kmの広範囲にわたり棚田が広がっており、雄大なスケールと綺麗な曲線の美が人々を魅了しています。

およそ650年前の元の時代から、地元の人々が生計を立てるために発案した300年間に渡る絶え間ない努力とノウハウを重ねた賜物です。

現在では広西チワン族自治区の指折りの観光地に成長しました。

右側下方の楕円形部が今回の観光コース


30分程手前から観光客は このシャトルバスに乗り換える


龍脊古壮寨棚田入り口門・・・関所のような所


同行の写真仲間と記念にパチリ!


物品配達用バイク・・・雨天でも傘?があるから安心!!


いわゆる観光客への売り子・・・この籠で手造り品や民芸品を運ぶ


村から日用品の買い出しに・・・・狭く坂が多いので徒歩


生活道路兼観光ルート・・・案内板は漢字なので それなりに理解できる


メーン道路は小回りの利く三輪車が往来する


メーン道路の至る所に 民芸品の売り子が待ち構える


ようやく、竹林越しに 棚田が見えてきた・・・


よくぞ!山肌をこのように切り開いたものだ?!


菜の花が脇役で 棚田を引き立てている!


曲線が実に美しい!


人家が近くなると ニワトリ(コーチン?)が多くなる


石垣をよ~く見ると 石を縦に積んでいるのが分かる・・・水はけを良くするためか?


築後100年以上経っている古民家の外観(百年古屋)


ピンクの帽子のおばさんが この家のオーナーです


漬物等の保存食置き場


居間・・・現代風に言ううとリビング&ダイニング&キッチン


ダイニングルーム


客間・・・応接間・・・得意の民芸品で装飾されている


食器、調理器棚


一階(地下)は 燃料(薪)保管庫


村内の食堂でのランチ・・・マーボ豆腐、ベーコン、煮物等至って日本人向けの料理



現地入村案内所のオーロラビジョンで放映していたプロモーションビデオ(画面を録画したもの)

龍脊棚田は地域政府の観光開発に伴い、その美しい景観を壊さないようにしてより一層の完備と改善が行われており、桂林を中心とした各地からのアクセスも便利になり、多くの人が訪れる人気の観光スポットとなっています。


プロが撮った棚田の美しさ
・・・2点共Web引用


人間技と思えない曲線の美しさ!!


  ご高覧有難うございました。・・・・次回の『漓江船下り』をお楽しみに!  


Posted by やまちゃん at 20:12Comments(10)アート趣味日記